男性の骨格診断


男性向け骨格診断のページへようこそ。

 

こちらでは、

「骨格診断って何?」

「どんな種類があるの?」という方に対して作成したページです。

 

早速ご紹介していきます。

 


1.骨格診断とは


生まれ持った体(肌)の「質感」「ラインの特徴から、

自分自身の体型を最も素敵に演出してくれるファッションを導き出す理論です。

 

生まれ持った体質により

「筋肉のつき方の特徴」=「ストレートタイプ」

「脂肪のつき方の特徴」=「ウェーブタイプ」

「関節の大きさの特徴」=「ナチュラルタイプ」

これらの3つに必ず分類されます。

 

骨格診断画像

これらの違いを見極め、自分に似合う「ファッションのスタイリング」や「アイテム」を導きだすのが、骨格診断理論です。

 

 


2.男性骨格診断、各タイプの特徴


以下に、男性の骨格診断3タイプ別の特徴を紹介します。

 

ストレートタイプ

筋肉のつき方に特徴が出やすく、厚みとハリのあるボディライン。

骨格診断ストレート正面

上半身に筋肉がつきやすい体型です。

ボディラインの特徴は、筋肉が形作るメリハリのあるラインをしています。

厚みのとメリハリのあるボディラインをされており、高級で重厚感のある着こなしが得意です。

 

ドレススタイルは、王道のスーツスタイルが最も良く似合い、カシミヤなどの厚手でハリのある高品質な素材のスーツが得意です。ネクタイもコントラストの強いストライプ柄など、切り替えの強い柄が良く似合います。

 

 

カジュアルスタイルも丈夫な素材でシンプルにまとめるスタイルが得意です。

          

コットン素材のジャケットやカーディガンなど。

また、Tシャツにジーンズなどのシンプルスタイルが最も良く似合うタイプです。

 

 


ウェーブタイプ

脂肪のつき方に特徴が出やすく、華奢でソフトなボディラインをされています。

骨格診断ウェーブタイプ

下半身に脂肪がつきやすい特徴があり、太っても顔回りに出にくいタイプと言われています。

 

ボディラインの特徴は、脂肪が作るなだらかなラインが特徴的です。触った質感や視覚的な外見も「やわらかい」印象を持ちます。

ドレススタイルは、薄手のコットンやポリエステル素材のスーツが似合います。絞りが強いもの、Vゾーンの空きが狭いスタイルのスーツが、華奢な胸元を男らしく演出してくれます。

 

 

 

カジュアルスタイルも、やわらかい質感により、上半身が寂しい印象にならないように着こなします。薄手で柔らかい素材のものや、細身の柄などをトップスに取り入れるなど、華やかで遊び心のある着こなしが得意です。

スエードバレエシューズなど、小ぶりなアイテムが似合い、着丈やボトムスの丈は、タイト・短めのサイズ感を取り入れると良いです。

 

 

 

 


ナチュラルタイプ

関節の大きさに特徴が出やすく、骨格フレームを感じるボディラインが特徴です。

骨格診断ナチュラルタイプ正面

筋肉や脂肪のつき方は個人差が大きいタイプと言われています。

ボディラインの特徴は、骨の凹凸が強調されるラインをしています。関節や骨格フレームの大きさに特徴が出やすく、体の各パーツに肉感的でない不規則な凹凸があります。

 

ドレススタイルは、ジャケパンスタイルが最も良く似合います。かっちりなスーツよりもスラックスなどで少しだけ着崩すセミフォーマルスタイルを意識すると良いでしょう。

 

ブレザーや、ラペル幅の広いジャケットなどが得意で、ジャケットの絞りが弱いボックスシルエットのものが良く似合います。

 

カジュアルスタイルは、不規則な凹凸のあるボディラインに調和するような厚手のニットデニム素材など、風合いのある粗い質感のアイテムを取り入れると良いです。

 

サイズ感やシルエットも大きめでゆったりとしたデザインのアイテムが良く似合います。

 

 

 


3.セルフチェック

簡単な質問に答えて、あなたの骨格タイプを診断してみましょう!(3分程度)

ニックネームを入力して診断!
問1 : 手首の形は?(もう一方の手で手首を握った時の感触と形)
問2 : 太り始めはどこから?
問3 : いつも直観で選ぶ柄はどれ?
問4 : 鎖骨の大きさは?(鏡やフロントカメラで見てみましょう)
問5 : 洋服の着こなしにおける失敗は?

 

 


4.骨格診断理論を使った着こなしの例


代表の私が骨格診断理論を利用した着こなしのポイントを紹介します。

 

私は、骨格診断ナチュラルタイプです。

 

 

骨格診断ナチュラルタイプは

骨や関節の「横の凹凸」が出てしまうと脚が短く見えたり、野暮ったくなりやすいです。

 

例えばフレーム感の強い肩幅はとくに横の凹凸が出やすく、

肩で着られるようなボックスシルエットのジャケットや前を開けて羽織れるラフなジャケットを選ぶことで

 

視覚的な縦のラインを演出することができ、スタイリッシュな着こなしが可能になります。

 

このように、骨格診断を受けることで、あなたの身体のタイプに似合うアイテムやシルエットを知り、着こなしのポイントを知ることができます。

 

その他に、

・ボトムスの形や素材

・アウターの種類

・ネクタイの柄と形

・靴の素材や形状など

 

幅広いアイテムの提案が可能となります。

 

 


5.骨格診断理論に基づいたスタイリングのメリット