男性向け骨格診断


 


骨格診断とは


体(肌)の「質感」「ラインの特徴」から自分自身の体型を最も素敵に演出してくれるスタイリングを導き出す理論です。

生まれ持った体質により

「筋肉のつき方の特徴」=「ストレートタイプ」

「脂肪のつき方の特徴」=「ウェーブタイプ」

「関節の大きさの特徴」=「ナチュラルタイプ」

これらの3つに必ず分類されます。

骨格診断画像

これらの違いを見極め、自分に「似合うファッションのスタイリング」や「アイテム」を導きだすのが、骨格診断理論です。


簡易診断


ニックネームを入力して診断!
問1 : 手首の形は?(もう一方の手で手首を握った時の感触と形)
問2 : 太り始めはどこから?
問3 : いつも直観で選ぶ柄はどれ?
問4 : 鎖骨の大きさは?(鏡やフロントカメラで見てみましょう)
問5 : 洋服の着こなしにおける失敗は?

骨格診断ストレートタイプについて知る
骨格診断ウェーブタイプについて知る
骨格診断ナチュラルタイプについて知る

 

それぞれのタイプにボディラインと質感の特徴があり、それぞれに似合うスタイリングのテイストが決まります。

 


骨格診断理論を利用した着こなし方


 

 

前方からみたボディラインの特徴として

骨格診断ナチュラルタイプは

骨や関節の「横の凹凸」が出てしまうと脚が短く見えたり、野暮ったくなりやすいです。

 

例えば

フレーム感の強い肩幅はとくに横の凹凸が出やすく、

肩で着られるようなボックスシルエットのジャケットや

前を開けて羽織れるラフなジャケットを選ぶことで

 

視覚的な縦のラインを演出することができ、スタイリッシュな着こなしが可能になります。

 

このように、骨格診断を受けることで、あなたの身体のタイプに似合うアイテムやシルエットを知り、着こなしのポイントを知ることができます。

 

その他に、

・ボトムスの形や素材

・アウターの種類

・ネクタイの柄と形

・靴の素材や形状など

 

幅広いアイテムの提案が可能となります。

 


骨格診断理論に基づいたスタイリングのメリット