骨格診断ストレートタイプの男性

骨格診断ストレートタイプの男性


骨格診断ストレートタイプの男性について紹介していきます。

1.骨格診断ストレートタイプの男性 正面
骨格診断ストレート正面

筋肉のつき方に特徴が出やすく、厚みとハリのあるボディライン。

 

骨格診断ストレートタイプの男性は筋肉の作り出す直線的なボディラインが特徴的です。

上半身に筋肉がつきやすく、触るとハリのある質感をしています。

 

上半身の筋肉は、下半身の筋肉に比べ、筋肉の厚みや太さが出やすいことが知られています。

そのため、上半身に筋肉の膨隆が出やすく、視覚的な重心が上にあることが特徴的です。

 

 

痩せても筋肉が落ちづらく、太った時は顔回りに変化が出やすくなります。

 

2.骨格診断ストレートタイプの男性 側面

腰の位置が高く、厚みのある体。

大殿筋がなすヒップラインが特徴的な骨格診断ストレートタイプ。

手足も小さく、短めの方が多いです。

 

そして中でも一番の特徴は胸板の厚さ

骨格診断ストレートタイプの男性は、胸や肩甲骨、背中周りの筋肉のボリュームがあり、

胸が高く、胸板が厚いことが特徴的です。

 

3.骨格診断ストレートタイプの男性 背面

背中も肉感的。骨がほとんど目立たない。

骨格診断ストレートタイプの男性は、肩甲骨が筋肉の厚さによりほとんど目立ちません。

 

また、肩甲骨、背中からヒップラインにかけて直線的な筋肉のハリが感じられ、肉感的な質感をされています。

 

ヒップラインは丸みがあり、後方へせり出す形で立体的なヒップをされています。

 

腰を輪切りにした時のシルエットは殿筋や太腿前の筋肉が主張する円筒形をしています。

 

4.骨格診断ストレートタイプに似合うスタイリング

骨格診断ストレートタイプに似合うスタイリングは

「シンプル」「クラシック」

を意識したスタイリングが似合います。

 

骨格診断ストレートタイプは

  • 厚い綿、革、シルクなどの厚手でハリのある素材
  • 余計な装飾の無いシルエット、ジャストなサイズ感
  • 太いストライプ、はっきりとした柄

のアイテムを身に着けることにより、筋肉による厚みが特徴的なボディラインとの調和を生み出せるからです。

①カジュアルスタイル

カジュアルスタイルは、「シンプルスタイル」がオススメです。

骨格診断ストレートタイプの男性にオススメのカジュアルスタイル。

骨格診断ストレートタイプの男性は、ポロシャツにチノパンorデニムスタイルなど、アイテム数の少ないシンプルなスタイリングが得意です。

 

 

②ドレススタイル

ドレススタイルにおいては、王道のスーツスタイルが似合います。

カシミア素材のスーツスタイリング。

 

「シンプル」かつ「クラシック」な、シンプルかつ高級感のあるスーツスタイルが最もお似合いになるタイプです。

シルクのチーフや革のローファーなど、高級感のある素材のアイテムとの相性がとても良く、似合います。

 

 

 

胸板が厚く、上半身にボリュームがあるため、この他に3ピーススーツも得意です。

 

③ジャケパンスタイル

ジャケパンスタイルも、「高級感」と「光沢」を意識したスタイリングが得意です。

骨格診断ストレートタイプの男性にオススメのジャケパンスタイル。

シルク混のコットンスラックスと、リネン混のコットンジャケットで構成したジャケパンスタイル。切り替えのはっきりしたストライプタイも十分な光沢があります。

骨格診断ストレートタイプの男性は、限りなくドレッシーなジャケパンスタイルがオススメです。

 

④Vゾーン、柄

Tie:Brooks Brothers

Vゾーンは

  • コットン、シルク素材の光沢のある、しっかりした素材のシャツ
  • はっきりとした柄、太い柄
  • コントラストの強い配色

メリハリのあるボディラインをされており、太いストライプコントラストの強い配色が得意です。アメリカントラッドなどに多い配色です。

 

また、高級な素材が似合うのでカラーピンやピンホールカラーも良く似合います。

 

 

骨格診断ストレートタイプの男性について紹介していきました。

いかがでしたでしょうか。

 

骨格診断で生まれ持った身体に似合うファッションを体現してみませんか。

 

 

 

イメージコンサルタント

骨格診断ファッションアナリスト 理学療法士

 

北村 祐太
instagram:@yuta_kitamura515
twitter:@yutakitmura515