骨格診断ウェーブタイプの男性

骨格診断ウェーブタイプの男性


骨格診断ウェーブタイプの男性について紹介していきます。

1.骨格診断ウェーブタイプの男性 正面

骨格診断ウェーブタイプ

脂肪のつき方に特徴の出やすい、ソフトなボディライン。

骨格診断ウェーブタイプは、脂肪のつき方に特徴があります。

下半身に脂肪がつきやすい方が多く、なだらかなボディラインをしています。

肌の質感も柔らかい方が多いと言われています。

 


①シャープな印象、細い鎖骨。

  • ☑頭の前後の厚みが無い
  • ☑鎖骨が細い
  • ☑鎖骨のラインは細いまま肩まで伸びている。

 

肩や首も、男性にしては華奢な方が多く、男らしさと女性らしさを兼ね備えた印象をお持ちです。

 

 

 


②ソフトな脚のライン。

  • ☑骨盤の周りに柔らかい質感を感じる。
  • ☑膝のお皿が小さく、丸い
  • ☑下半身から太りやすい。

 

脚のラインはなだらかで抑揚が無く、関節の凹凸や筋肉のボリュームは主張しません。

 

 

2.骨格診断ウェーブタイプの男性 側面

骨格診断ウェーブタイプ側面

腰の位置が低く、胸板は薄い。

 


①薄く華奢な胸板。

  • ☑胸板は、前後の厚みがなく薄い。
  • ☑肩のラインは、なで肩のようになだらかに下がる。

 

骨格診断ウェーブタイプの男性は、胸板が薄く華奢な方が多いです。

 

 

 


②ソフトな腕のライン。

  • ☑手首のくるぶしのような骨が小さく、細い。
  • ☑手首を断面にした時のシルエットが、楕円のシルエット。
  • ☑手の甲は、やわらかく薄い。

 

手首の尺骨頭(くるぶしのような骨)は小さく目立ち、手首の断面図が楕円のシルエットをしていることが特徴です。

 

 

3.骨格診断ウェーブタイプの男性 背面

骨は華奢に目立ち、柔らかい質感。

 


①細く目立つ肩甲骨。

  • ☑肩甲骨が細長く、内側のライン(肩甲骨内側縁)に骨感を感じる。

 

背中は、背骨の棘(棘突起)や背部の筋肉が感じにくく

腰のあたりから脂肪の柔らかさを感じることができます。

 

 


②なだらかなヒップライン。

  • ☑腰からヒップラインにかけて、床に向かってなだらかに下がる形。
  • ☑仙骨を触ると柔らかい感じがする。
  • ☑腰で輪切りにした時のシルエットは楕円形。

 

 

 

4.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うスタイリング

骨格診断ウェーブタイプに似合うスタイリングは

「コンパクト」「華やか」

を意識したスタイリングが似合います。

 

なぜなら、骨格診断ウェーブタイプの男性は、

  • 薄い綿、スエードやウールなどの薄手で柔らかい素材
  • 小さめ、スマートなシルエット
  • 細かい柄、細い線

 

のアイテムを身に着けることにより、ソフトな身体のラインを活かし、華奢な上半身を男らしく演出することができるからです。

スキニータイプのきれいめなデニムに、上半身はコートの下にジャケットをレイヤードしたコーディネート。

 

起毛感のあるコートやニットタイの柔らかい素材、ギンガムチェックなどの細かい柄が似合います。

レイヤードを重ねることで華やかな印象が演出できるタイプです。

 

ドレススタイルにおいては、コントラストを抑えた、華やかなスタイルが似合います。

細身の体型を活かし、英国調のスーツスタイリングもとてもよくお似合いになります。

 

Vゾーンは

  • ローコントラスト(色の対比を抑える)
  • 細かい柄のネクタイ
  • 3つボタンタイプのジャケット

を意識することで、華奢な上半身を華やかに演出することが可能になります。

 


 

 


NEW!! 男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケットについてはこちら


 

 

 

骨格診断ウェーブタイプの男性について紹介していきました。

いかがでしたでしょうか。

 

骨格診断で、生まれ持った身体に似合うファッションを体現してみませんか。

 

 

 

 

イメージコンサルタント

骨格診断ファッションアナリスト 理学療法士

 

北村 祐太
instagram:@yuta_kitamura515
twitter:@yutakitmura515

HPはこちら