骨格診断ウェーブタイプの男性【2019.12.15 最新版】


骨格診断ウェーブタイプの男性について紹介していきます。

本記事では、男性の骨格診断ウェーブタイプの男性について以下の内容を紹介しています。

骨格診断ウェーブタイプの男性の
  1. 身体の特徴を知る
  2. チェックポイントを知る
  3. 似合うファッションのテイスト
  4. シーン別のスタイリング

について知ることが出来ます。

 

皆さんは、ご自身がどのタイプかご存知ですか?

自己診断がまだの方は是非こちらをチェックしてみてください!

ニックネームを入力して診断!
問1 : 手首のシルエットは?(もう一方の手で手首を握った時の感触と形)
問2 : 首の長さ、太さ、質感は?
問3 : 膝のお皿の骨の大きさ、形の特徴は?(立った状態で触れる)
問4 : 鎖骨の大きさは?(鏡やフロントカメラで見てみましょう)
問5 : トレンドのオーバーサイズのTシャツを着ると、

 

では早速紹介していきます。

 

1.骨格診断ウェーブタイプの男性 正面

骨格診断ウェーブタイプ

脂肪のつき方に特徴の出やすい、ソフトなボディライン。

骨格診断ウェーブタイプは、脂肪のつき方に特徴があります。下半身に脂肪がつきやすい方が多く、なだらかなボディラインをしています。肌の質感も柔らかい方が多いと言われています。

 

①顔周りのチェックポイント

  • 頭の前後の厚みや凹凸感がない
  • 鎖骨がとても細く、女性らしい印象
  • 鎖骨のラインが細いまま肩の端まで伸びている。

 

②腰や脚のチェックポイント

  • 骨盤の横、脚の付け根部分に脂肪がつきやすい。
  • 膝のお皿が小さく、丸い。
  • 下腹部が太りやすい。

脚のラインはなだらかで抑揚が無く、関節の凹凸や筋肉のボリュームは主張しません。

 

 

 

2.骨格診断ウェーブタイプの男性 側面

骨格診断ウェーブタイプ側面

腰の位置が低く、胸板は薄い。

骨格診断ウェーブタイプの男性は、身体の前後の厚みがありません。

上半身に比べ、下半身に脂肪のボリュームがつきやすいため、下半身太りに見えやすいことがあります。

ヒップラインが低いため、重心も低く見えます。

 

③胸板のチェックポイント

  • 胸板は、前後の厚みがなく薄い。
  • 乳房のあたりで、柔らかい脂肪が触れる。

 

④腕や手のチェックポイント

  • 手首のくるぶしのような骨が小さく、細い。
  • 手首を断面にした時のシルエットが、楕円のシルエット。
  • 手の甲は、やわらかく薄い。

 

手首の尺骨頭(くるぶしのような骨)は小さく目立ち、手首の断面図が楕円のシルエットをしていることが特徴です。

 

 

 

3.骨格診断ウェーブタイプの男性 背面

骨は華奢に目立ち、柔らかい質感。

骨格診断ウェーブタイプの男性の背中は、全体的に華奢で柔らかい質感をしています。

肩甲骨や背骨も、女性に比べれば骨感がありますが、他の2タイプの男性に比べると、骨の凹凸を感じにくいです。

とくに背中は、背骨の棘(棘突起)や背部の筋肉が感じにくく、腰のあたりから脂肪の柔らかさを感じることができます。

 

⑤背中のチェックポイント

  • 肩甲骨が細長く、内側のライン(肩甲骨内側縁)に骨感を感じる。
  • 腰からヒップラインにかけて、床に向かってなだらかに下がる形。
  • 仙骨を触ると柔らかい感じがする。
  • 腰で輪切りにした時のシルエットは楕円形。

 

 

 

4.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うスタイリング

骨格診断ウェーブタイプに似合うスタイリングは

「コンパクト」「華やか」

を意識したスタイリングが似合います。

 

なぜなら、骨格診断ウェーブタイプの男性は、

  • 薄い綿、スエードやウールなどの薄手で柔らかい素材
  • 小さめ、スマートなシルエット
  • 細かい柄、細い線

のアイテムを身に着けることにより、ソフトな身体のラインを活かし、華奢な上半身を男らしく演出することができるからです。

 

1.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うカジュアルスタイル

骨格診断ウェーブタイプの男性は、ニットポロシャツや薄手のパーカなど、柔らかく起毛感や空気を含んだ素材のアイテムが得意です。

なぜならこれらのアイテムや素材が、なだらかで抑揚のないボディラインに変化を生み、メリハリをつける効果があるからです。

 

視覚的に、『線の多いアイテムや素材』が得意です!(これ結構重要です)

 

サイズ感は短めが吉

上の写真のように、クロップドパンツなどの丈感が短いものと相性が良いです。

理由は、骨格診断ウェーブタイプの男性は全体的に下半身に脂肪が付きやすく、視覚的な重心が下に寄りやすい特徴があるからです。

アイテムの丈感やサイズ感を短めにすることで、パーツの切れ目を身体の中心に寄せる(=上に持っていく)効果があります。

 

その他にも、起毛感のあるウール素材やニットタイなどの柔らかい素材、ギンガムチェックなどの細かい柄が似合います。

 

レイヤードを重ねることで華やかな印象が演出できるタイプです。

 

2.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うドレススタイル

ドレススタイルにおいても柔らかい素材でまとめると好相性です。

細身の体型を活かした、ラペル幅の狭いスタイリッシュな英国調のスーツなどが似合います。

 

 

3.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うVゾーンと柄

Vゾーンは

  • ローコントラスト(色の対比を抑える)
  • 細かい柄のネクタイ
  • 3つボタンタイプのジャケット

を意識することで、華奢な上半身を華やかに演出することが可能になります。

 

5.骨格診断ウェーブタイプの男性の似合うファッションのポイント【おさらい】

骨格診断ウェーブタイプの男性についてご紹介していきましたが、大切なポイントをおさらいとして以下にまとめておきます。

骨格診断ウェーブタイプの男性は、
  • 柄、起毛感、空気を含む素材のアイテムを選ぶ
  • なだらかな曲線のボディラインに、視覚的なメリハリをつける効果 

  • 各アイテムの丈は短めを選択する
  • 各アイテムの切れ目を上に寄せ、視覚的な重心を上方化する効果

  • 固い素材、ごつごつした素材は苦手
  • 胸板や下半身など、身体の薄さにより着負けする

 

起毛感や空気感のある素材や柄で、なだらかで抑揚の無いボディラインに、“メリハリ”をつけてあげることが似合うファッションの決め手と言えますね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。骨格診断ウェーブタイプの男性について紹介していきました。

 

骨格診断で、生まれ持った身体に似合うファッションを体現してみませんか。

 

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うファッション【素材・柄・アイテム紹介します】

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うファッションについて知りたいですか?本記事では、骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うアイテム・素材・柄をご紹介します。骨格診断に興味のある方は必見です。

 

 

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うコート【ブランド・選び方紹介】

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うコートを知りたいですか?本記事では、骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うコートだけでなく、ブランドや選び方のポイントまで紹介しています。コート選びに悩まれているウェーブタイプの男性は必見です。

 

 

 

イメージコンサルタント

骨格診断ファッションアナリスト 理学療法士

 

北村 祐太
instagram:@yuta_kitamura515
twitter:@yutakitmura515

HPはこちら