【保存版】男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケット【男性の骨格診断】


Last Updated on 2021年1月8日 by yutakitamura515

【保存版】男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケット【男性の骨格診断】についてご紹介します。

 

 

男性ファッションに重要なアイテムであるジャケット。祝いの席、デート、少しかしこまったディナー。いつでも素敵な男性は、自分に似合うジャケットを知っています。

 

 

皆さんはいかがでしょうか?

 

 

 

自分にはどんな形のジャケットが似合うんだろう…

 

似合うジャケットを持っていない!

 

という方へ。

 

骨格診断を使って、自分に似合うジャケットに出会いましょう!自分のボディラインに似合うジャケットなら、きっとあなたが輝きたい瞬間を演出してくれるはずです。

 

 

 

男性の骨格診断で、似合うジャケットを知る!

撮影協力:RING JACKET MEISTER GINZA

 

男性向け骨格診断とは、、

生まれ持った体(肌)の「質感」「ラインの特徴から、自分自身の体型に似合うファッションやアイテムを知ることができる理論です。

 

 

ご自身の骨格タイプを知ることで、

 

 

自分の体の特徴に似合う、
  • 【似合うファッションアイテム】
  • 【似合う素材、柄】
  • 【似合うスーツ】
  • 【似合うブランド】
  • 【着こなしのポイント】

 

これらのことを、知ることができます。

 

 

生まれ持った体質により、以下の3つのタイプにに必ず分類されます。

「筋肉のつき方の特徴」=「ストレートタイプ」

「脂肪のつき方の特徴」=「ウェーブタイプ」

「関節の大きさの特徴」=「ナチュラルタイプ」

 

 

 

 

Kitamura
Kitamura
ご自身が何タイプかわからない!という方はこちらのページをご覧ください!

 

 

 

早速、それぞれのタイプ別にご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケット

“深いVゾーンで厚い胸を物語る、シンプルで王道のテーラードジャケット“

 

上半身に厚みがあり、特に胸板が厚い骨格診断ストレートタイプの男性は、Vゾーンの空きが深く、ラペルが太いジャケットが似合います。アメリカンテイストのブレザーなどに多い、ボックスのシルエットのジャケットなどがおススメです。

 

また、肩の周りに筋肉のボリュームが出やすいストレートタイプの男性。

 

ジャケットのショルダーラインは自然なデザインのナチュラルショルダーのものを選びましょう。

 

 

 

 

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットスタイルの例

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村 祐太(@styleupjapan_yuta)がシェアした投稿

“ボリュームある身体に似合うシンプルなジャケットには、ボーダーカットソーだけ挟めばいい“

 

シンプルなブレザーを使った、ボーダーカットソーとのレイヤード。この他にもシンプルなTシャツとのコーディネートも可能です。

 

ジャケットの素材は、季節問わず厚みのあるウール素材がおススメ。限りなくフォーマルな素材だからこそ、ボーダーカットソーなどのカジュアルアイテムとのバランスが良くなります。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村 祐太(@styleupjapan_yuta)がシェアした投稿

“ジャケット、ニット、チノパンツ。シンプルな合わせにこそ映える厚みある立体ボディ“

 

コインローファーやタートルなど、骨格診断ストレートの男性に似合う、シンプルで上質な革・ニット素材のアイテムとのコーデがおススメです!

 

 

 

 

 

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うジャケット

“華奢な上半身には、柔らかジャージー素材の3つボタンジャケットで“

 

華奢な上半身で、胸板が細い骨格診断ウェーブタイプの男性は、Vゾーンの空きが浅く、柔らかいジャケットが似合います。

イタリアや英国テイストのジャケットなどに多い、柔らかい素材のジャケットがおススメです。

 

 

また、肩の周りもなだらかで下降するラインの骨格診断ウェーブの男性。

ジャケットのショルダーラインは自然なデザインのナチュラルショルダーのものが似合います。

 

 

ラペルと Vゾーン(胸元のデザイン)

狭い5~8cm幅のラペル。ノッチドラペルが似合う。Vゾーンは浅く、3つボタンジャケットとの相性が良い。

着丈 短めが似合う。ベントが広がりすぎないデザインのものがエレガント。

絞り 絞りの位置は高くても良い。ウェストの最も細い部分に適度に絞りの高さがあたるものが美しい。

 

 

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うジャケットスタイルの例

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村 祐太(@styleupjapan_yuta)がシェアした投稿

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村 祐太(@styleupjapan_yuta)がシェアした投稿

 

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合うジャケット

“スタイリッシュな上半身に、厚手でラフなテイストのニットジャケット“

 

ショルダーライン(肩のデザイン)

自然なナチュラルショルダー、コンケープドショルダーが似合う。

ラペルと Vゾーン(胸元のデザイン)

広め9~10cmの幅のラペル。ノッチドラペルが似合う。幅の広いピークドラペルも似合う。

着丈

ヒップラインが隠れる長さのものがエレガント。

絞り

位置は低いものが似合う。ボックスシルエットのジャケットが最も良く映えるため、肩幅から自然に下降するシルエットのものが良く似合う。

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合うジャケットスタイルの例

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村 祐太(@styleupjapan_yuta)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村 祐太(@styleupjapan_yuta)がシェアした投稿

 

 

まとめ

男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケットについてご紹介していきました。

  • ショルダーライン
  • ラペルとVゾーン
  • 着丈
  • 絞り

 

これらのポイントを押さえれば、似合うジャケットに出会えます。ご自身の骨格タイプに合うジャケットを探して、ぜひ試着してみて下さい。

 

今まで出会ったことのない自分に会えるかもしれませんよ。

 

 

男性の骨格診断3タイプ別、似合うスーツ【メンズ骨格診断】

男性の骨格診断3タイプ別、似合うスーツ【メンズ骨格診断】について紹介します。骨格診断で自分に似合うスーツがわかることを知っていますか?スーツ選びに悩まれている方は必見です。

 

 

 

 

 

 

イメージコンサルタント
骨格診断ファッションアナリスト 理学療法士

北村 祐太
instagram:@yuta_kitamura515
twitter:@yutakitmura515

HPはこちら