【保存版】男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケット


男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケット。

男性ファッションにおいて、最も重要なアイテムと言えるジャケット。

 

祝いの席、デート、少しかしこまったディナー。いつでも素敵な男性は、自分に似合うジャケットを知っています。

皆さんはいかがでしょうか?

 

まだ知らない、持っていない!という方へ。骨格診断を使って、自分に似合うジャケットに出会いましょう!

自分のボディラインに似合うジャケットなら、きっとあなたが輝きたい瞬間を演出してくれるはずです。

 

 

 

1.骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケット


骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットはこちらです。

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケット。カシミヤ素材のテーラードジャケット。(ソブリンハウス)

 

1.ショルダーライン(肩のデザイン)

ナチュラルショルダー、ビルドアップショルダー

2.ラペルと Vゾーン(胸元のデザイン)

標準8~9cmの幅のラペル。ノッチドラペルが似合う。ピークドラペルは幅の狭いものが似合う。

3.着丈

お尻が半分から全て隠れる長さの着丈が似合う。ヒップラインの始まりにワンクッションができるとエレガント。袖丈は、手首のくるぶしの骨が見えない袖丈をもたせること。

4.絞り

位置が高すぎないもの。 ウェストの細い部分に適度に絞りがあたるものが美しい。

 

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットの例

 

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うネクタイはこちら

 

 

 

2.骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うジャケット


骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うジャケットはこちらです。

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合うジャケット。ジャージー素材のジャケット。(UNITEDARROWS)

 

1.ショルダーライン(肩のデザイン)

自然なナチュラルショルダー。ビルドアップショルダーは肩幅のサイズ感に注意する。

2.ラペルと Vゾーン(胸元のデザイン)

狭い5~8cm幅のラペル。ノッチドラペルが似合う。Vゾーンは浅く、3つボタンジャケットとの相性が良い。

3.着丈

短めが似合う。ベントが広がりすぎないデザインのものがエレガント。

4.絞り

絞りの位置は高くても良い。ウェストの最も細い部分に適度に絞りの高さがあたるものが美しい。

 

 

3.骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合うジャケット


骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合うジャケットはこちらです。

骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合うジャケット。コットン素材のジャケット。(Brilla per il gusto)

 

1.ショルダーライン(肩のデザイン)

自然なナチュラルショルダー、コンケープドショルダーが似合う。

2.ラペルと Vゾーン(胸元のデザイン)

広め9~10cmの幅のラペル。ノッチドラペルが似合う。幅の広いピークドラペルも似合う。

3.着丈

ヒップラインが隠れる長さのものがエレガント。

4.絞り

位置は低いものが似合う。ボックスシルエットのジャケットが最も良く映えるため、肩幅から自然に下降するシルエットのものが良く似合う。

 

 

4.まとめ


男性の骨格診断3タイプ別、似合うジャケットについてご紹介していきました。

  • ショルダーライン
  • ラペルとVゾーン
  • 着丈
  • 絞り

 

これらのポイントを押さえれば、似合うジャケットに出会えます。ご自身の骨格タイプに合うジャケットを探して、ぜひ試着してみて下さい。

 

今まで出会ったことのない自分に会えるかもしれませんよ。

 

 

 

イメージコンサルタント
骨格診断ファッションアナリスト 理学療法士

北村 祐太
instagram:@yuta_kitamura515
twitter:@yutakitmura515

HPはこちら