骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットのポイント【フォトブログ】


骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットのポイント【フォトブログ】を紹介します。

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットのポイント【フォトブログ】

骨格診断ストレートタイプの男性に似合うジャケットのポイントはこちらです。

ショルダー

自然なナチュラルショルダー、ビルドアップショルダーが似合う。

ラペル

標準8〜9cm幅のラペルが似合う。ノッチドラペルが最も似合う。パーティーシーンでは細身のピークドラペルも良し。

Vゾーン

胸板が厚く高いので、深いVゾーンのものが似合う。

着丈

ヒップラインが後ろに立体的に盛り上がる特徴があるため、ヒップラインの高まりにワンクッションほど乗る着丈の長さがよい。身長によってはそれより長い着丈も似合う。短めは肉厚な印象になりやすい。

 

 

北村 祐太

骨格診断ファッションアナリスト・パーソナルカラーアナリスト

理学療法士

理学療法士として数多くの方の体に触れた経験をもとに、生まれ持った体を最大限に活かすファッションに関連したサービスを立ち上げる。兄弟の影響で幼い頃にファッションに興味を持つも、足が太く短いという自身の体型の悩みに悪戦苦闘する。

筋肉や関節の知識を持つ理学療法士の経験を、幅広い世代に還元したく、男性で希少な骨格診断ファッションアナリストとしてデビュー。

日本人の体型に関するネガティブなイメージを変え、「どんな男性も素敵に。日本をお洒落な国に。」を実現させるべく日々奮闘中。