男性の骨格診断3タイプ別、似合う髪型【メンズ骨格診断】


男性の骨格診断3タイプ別、似合う髪型を紹介していきます。

1.骨格診断で、自分に似合う髪型を知る!

男性の骨格診断で、似合う髪型を知れることをご存知ですか?

 

骨格診断って、ファッションを知る理論ではないの?

髪型と、骨とか筋肉とは別物では?

 

そう思う方も多いはずです。

しかし、ヘアスタイルの印象を決めるも、実は骨格と筋肉の集まりなんです!

 

骨格診断3タイプで、お顔の特徴や筋肉のつき具合、骨の印象などが大きく変わってきます!それぞれの特徴的な質感やフェイスラインが決まるため、似合う髪型も決まってくるのです。

 

 

 

 

2.骨格診断ストレートタイプの男性は、【短髪・直線ウェットスタイル】が似合う!

骨格診断ストレートタイプの男性は、【短髪・直線ウェットスタイル】が似合います。

理由を以下に説明します。

 

骨格診断ストレートタイプの顔の特徴

☑︎顔の筋肉にパリッと存在感がある。

☑︎頬の筋肉が発達している方が多く、表情豊か

☑︎あごのラインをなぞると、肉感的である

☑︎あごの下も弾力、ハリがある

☑︎後頭部が丸い

 

お顔も筋肉のラインが特徴的なストレートタイプの男性。顔そのものに存在感があるため、シンプルで無駄のない短髪ヘアスタイルが似合います。

また、筋肉のメリハリに調和するような、直線的なデザインの髪型が最も似合います!

また胸板が厚く高いことからも、顔まわりをスッキリさせるため、髪の短いスタイルが似合うと言われています。

 

 

COLUMN〜モデルとなった芸能人〜

上に紹介した画像は、3Dソフトを使用したオリジナル画像。この画像を作成するにあたりモデルにした骨格診断ストレートタイプの男性の有名人は

  • 香川照之さん
  • 市川海老蔵さん
  • 鈴木亮平さん
  • 渡辺謙さん

以上の方でした。

いずれも短髪で、直線的なヘアスタイルが似合う方々ですよね!

 

 

骨格診断ストレートタイプの男性に似合う髪型の例

オススメは、直線的な短髪スタイル

顔の筋肉にハリがある=ミニマムなヘアスタイルが似合う!

 

スタイリッシュなアップスタイルも似合う

ジェルなどでパリッと固める、直線的なヘアスタイルもよく似合います。

 

シンプルなウェーブスタイル

動きをつけるなら、顔の輪郭を邪魔しないスタイルを意識したいですね。

 

骨格診断ストレートタイプの男性【2020.4.29 最新版】

骨格診断ストレートタイプの男性について知りたいですか?本記事では、筋肉のつき方に特徴のあるストレートタイプの男性についての記述しています。男性の骨格診断に興味がある方は必見です。

 

 

 

 

 

3.骨格診断ウェーブタイプの男性は、【さらりボリュームスタイル】が似合う!

骨格診断ウェーブタイプの男性は、【さらりボリュームスタイル】が似合います。

理由を以下に説明します。

 

骨格診断ウェーブタイプの男性の顔の特徴

☑︎前髪を全て上げると、顔の印象が寂しくなる

☑︎目の下からアゴにかけて平坦なライン

☑︎あごのラインをなぞると、柔らかい質感

☑︎骨や筋肉の感触があまりない

☑︎後頭部が平坦

 

脂肪による柔らかい質感が特徴的なウェーブタイプの男性。顔そのもののフレームに骨や筋肉のラインが出づらく、寂しい印象になりやすいです。

そのため、似合う髪型は細かい毛流れでボリューム感のあるヘアスタイルが似合います。

長さは、短め〜普通くらいが似合いやすいと言われています。

 

 

COLUMN〜モデルとなった芸能人〜

上に紹介した画像は、3Dソフトを使用したオリジナル画像。この画像を作成するにあたりモデルにした骨格診断ウェーブタイプの男性の有名人は

  • 羽生結弦さん
  • DAIGOさん
  • 西島秀俊さん
  • 竹ノ内豊さん

以上の方でした。

いずれも短髪で、さらりとしたヘアスタイルが似合う方々ですよね!

 

 

骨格診断ウェーブタイプの男性に似合う髪型の例

柔らかく細かい質感のあるウェーブヘアスタイル

 

さらりとしたスタイルも得意

 

細かい毛動き=寂しくなりやすい顔のラインを盛り付ける!

 

 

骨格診断ウェーブタイプの男性【2020.4.27 最新版】

骨格診断ウェーブタイプの男性についてご紹介していきます。脂肪のつき方に特徴の出やすい、ソフトなボディライン。骨格診断ウェーブタイプは、脂肪のつき方に特徴があります。下半身に脂肪がつきやすい方が多く、なだらかなボディラインをしています。

 

 

 

 

4.骨格診断ナチュラルタイプの男性は、【無造作長髪スタイル】が似合う!

骨格診断ナチュラルタイプの男性は、【無造作長髪スタイル】が似合います。

理由を以下に説明します。

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性の顔の特徴

☑︎頬骨やアゴの骨にゴツゴツした存在感がある。

☑︎さっくりとした肌の質感 笑いジワが出やすい

☑︎あごのラインをなぞると、骨感が強い

☑︎喉仏(舌骨)が大きい

☑︎後頭部が四角形(頭のハチが四角形)

 

お顔も骨や関節の凹凸が特徴的なナチュラルタイプの男性。顔そのものにフレーム感がありため、シンプルなヘアスタイルでは年齢層が上に見られがち。

動きのある無造作な長髪ヘアスタイルが似合います。

 

顔のフレーム感が強い=顔の上下、左右の幅が広いため、短めの髪型は物足りない印象になりやすいと言われています!

 

 

COLUMN〜モデルとなった芸能人〜

上に紹介した画像は、3Dソフトを使用したオリジナル画像。この画像を作成するにあたりモデルにした骨格診断ナチュラルタイプの男性の有名人は

  • 伊勢谷友介さん
  • 江口洋介さん
  • オダギリジョーさん

以上の方でした。

いずれも長髪で、無造作なヘアスタイルが似合う方々ですよね!

 

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性に似合う髪型の例

イメージは、無造作な動きのある長髪スタイル

 

大きな毛束のあるアシンメトリースタイルもオススメ

 

無造作な前髪のあるヘアスタイルが、顔のフレーム感を演出!

 

 

骨格診断ナチュラルタイプの男性【2020.4.29 最新版】

骨格診断ナチュラルタイプの男性の特徴を知りたいですか?本記事では、骨格診断ナチュラルタイプの男性の体の特徴や、似合うファッション、スタイリングについてご紹介しています。

 

 

 

 

5.筆者が実践!! 骨格診断3タイプ別ヘアスタイリング

 

筆者は骨格診断ナチュラルタイプ!

先ほど紹介した

【無造作長髪スタイル】

が似合うのか?? 検証です。

 

 

まずは骨格診断ストレートの髪型を実践

骨格診断ストレートに似合う、

【短髪・直線ウェットスタイル】

 

若々しさはありますが、僕には顔の骨感が目立ってしまい、物足りない印象になりますね。

写真撮影時は、20歳くらいです。

3タイプ別の髪型の中で最も若い時期の写真ですが、1番老けているように自分では感じます。

 

 

 

骨格診断ウェーブに似合う髪型を実践

骨格診断ウェーブの男性に似合う、【さらりボリュームスタイル】。

個人的にウェーブのテイストに憧れた時期があり、

バックはシャープに、フロント〜サイドはボリュームを出すスタイルをしていました。

 

先ほどの短髪よりは若返った印象になりましたね。

ですが、髭や顔のフレーム感と、スタイリッシュなヘアスタイルチグハグ感が残ります。

 

 

 

 

骨格診断ナチュラルに似合う髪型を実践

最後に骨格診断ナチュラルタイプの男性の

【無造作長髪スタイル】を実践です。

 

先ほどのウェーブのスタイルよりもバックを長く残し、全体的に毛の動きが出るようなスタイルです。

 

ボリュームと長さがしっかりあるヘアスタイルなので、顔の凹凸感を程良く消してくれていると思いませんか?

 

 

 

 

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性の骨格診断3タイプ別、似合う髪型について紹介していきました。

 

ストレートタイプの男性は、

【短髪・直線ウェットスタイル】

 

ウェーブタイプの男性は、

【さらりボリュームスタイル】

 

ナチュラルタイプの男性は、

【無造作長髪スタイル】

 

が得意でしたね!

 

女性に比べて、髪の短い男性は「質感」や「ヘアスタイル」を工夫する必要がありますね!

この記事を参考に、自分に似合うヘアスタイルを探してみてくださいね!

予約受付再開!

東京駅徒歩3分!メンズファッションに精通した診断士が提供する、骨格診断・パーソナルカラー診断を受けられるプランはこちら!

 

 

ユニクロで決める!!男性の骨格診断3タイプ別、似合う春夏コーディネート!【2020SS】

ユニクロで決める、男性の骨格診断3タイプ別、似合う春夏コーディネートについて紹介しています。骨格診断で似合うアイテムを知って、自分だけのメンズファッションに出会ってみませんか?【男性向け骨格診断】

 

男性の骨格診断3タイプ別、似合うスーツ【メンズ骨格診断】

男性の骨格診断3タイプ別、似合うスーツ【メンズ骨格診断】について紹介します。骨格診断で自分に似合うスーツがわかることを知っていますか?スーツ選びに悩まれている方は必見です。

 

 

 

北村 祐太

骨格診断ファッションアナリスト・パーソナルカラーアナリスト

理学療法士

理学療法士として数多くの方の体に触れた経験をもとに、生まれ持った体を最大限に活かすファッションに関連したサービスを立ち上げる。兄弟の影響で幼い頃にファッションに興味を持つも、足が太く短いという自身の体型の悩みに悪戦苦闘する。

筋肉や関節の知識を持つ理学療法士の経験を、幅広い世代に還元したく、男性で希少な骨格診断ファッションアナリストとしてデビュー。

日本人の体型に関するネガティブなイメージを変え、「どんな男性も素敵に。日本をお洒落な国に。」を実現させるべく日々奮闘中。